UQモバイルの新規申し込みは月末がおトクです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

新規契約で悩む

こんにちは、なぐもさむです。

UQモバイル を新規契約する場合、キャンペーンの有無を問わずにおトクに申し込むには、タイミングを合わせる必要があります。

どうせ申し込むのなら、少しでもおトクな料金で契約したいですよね。

では、UQモバイルを申し込む場合、一番おトクな料金で契約するのはいつでしょうか?

それは、ズバリ月末に近いほどオトクな料金になります!

今回は、UQモバイルの新規申し込みは月末がおトクな件について解説します。

初月の基本料金とデータ通信容量が日割りなのか、それとも定額なのかをポイントとして注目してください!

スポンサーリンク

初月の基本料金は日割り

では、なぜ月末に近いほどおトクな料金になるのでしょうか?

初月の基本料金は定額なのか、それとも日割りで計算するのか、それは格安SIMの各社で条件が異なります。

初月の基本料金が定額の場合は、月初でも月末でも同じ基本料金を支払う必要があるわけです。

しかし、UQモバイルの新規契約においては、初月の基本料金を日割りで計算します。

例えば、4月20日に契約した場合は、基本料金は月末の4月30日までの11日分になります。

そうなると、月末に近いほど初月に支払う基本料金は少なくなるわけですね。

初期費用のSIMパッケージ料金はいつでも3,000円

ただし、初期費用としてかかるSIMパッケージの料金は、月初だろうが月末だろうが3,000円で変わりません。

これはどの格安SIMでも、タイミングを問わず必ず必要となる費用です。

要するにSIMカード代みたいなものですね。

初月のデータ通信容量は日割りではない

初月の基本料金が日割りで計算するということは、データ通信の容量も日割りで計算されるのでしょうか?

結論から言うと、初月のデータ通信容量は月初でも月末でも変わらず一定です。

例えば4月20日にデータ通信専用プラン(3GB)を契約した場合、4月30日までの11日間で使えるデータ通信容量は3GBになります。

わずか11日で3GBを使い切るのは、よっぽど動画を見まくるでもしないと難しいでしょう。

しかし、余ったデータ通信容量は翌月に繰越できますので、決して無駄にはなりません。

UQモバイルのデータチャージと繰越について
こんにちは、なぐもさむです。 UQモバイル はデータ通信の速さがウリの一つですが、通信し過ぎでデータ容量が足りなくなることはありません...

翌月は余裕を持ってデータ通信を行うことができますね。

注意点

月末に新規契約を申し込んだ場合、いくつかの注意点があります。

月末までに利用開始する

ネットでUQモバイルの新規契約を申し込んでも、実際に家に届くまで2日はかかります。

まだ使い始めてないのにお金が課金されるのは、ちょっと問題ですよね。

というわけで、UQモバイルの基本料金が加算されるのは、SIMカードが手元に届いて実際に使い始めた日からになります。

つまり、SIMカードをスマホにセットして、電話の発着信やデータ通信ができる状態になる必要があります。

例えば、4月末ギリギリに申し込んで5月1日から使い始めた場合や、4月下旬に届いたにも関わらず5月1日から使い始めた場合は、5月分から基本料金が課金されるわけです。

新規契約の申込はギリギリにならないよう気をつけましょう。

MNPの場合は、利用開始しないと前キャリアが解約されない。

これはUQモバイルのおトクな料金というより、MNPで転出する元のキャリアでの問題です。

MNPで転出するキャリアは、転入先のUQモバイルを使い始めたら自動的に解約になります。

つまり、UQモバイルで実際に使い始めないと基本料金が課金されないということは、UQモバイルを使い始めないと転出元は契約が継続しており、引き続き課金されるわけです。

UQモバイルの利用開始する月がずれると、転出元の解約で違約金が発生する恐れがあります。

MNPでUQモバイルへ転入する場合は、転出元の解約についても確認しましょう。

まとめ

以上、UQモバイルの新規申し込みは月末がおトクな件について解説してきました。

基本料金が日割りでもデータ通信の容量が変わらないのはありがたいですね。

月末がおトクと言えども、申込がギリギリになって月跨ぎになっては意味がありません。

申し込まれる場合は、あまりギリギリにならないようにしましょう!

>> UQモバイル

それでは、また!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする