UQモバイルのポータルアプリを活用してデータ通信の節約を目指そう!

UQモバイルのポータルアプリ UQ mobile

こんにちは、なぐもさむです。

UQモバイル をすでにご利用の皆さんは、ポータルアプリをスマホにインストールしていますか?

UQモバイルでは、ポータルアプリでターボ機能をON/OFFすることにより、データ通信が使い放題となる低速通信(最大300kbps)に切り替えることができます。

低速通信とはいえ使い放題ですから、データ通信の節約を目指すなら欠かせない機能ですね。

確かに低速通信なので多少読み込みは遅くなりますが、TwitterやFacebookなどのSNSや、SpotifyやGoogle Play Musicなどの音楽配信サービスなら大きな問題はないでしょう。(NetflixやHuluなどの動画は厳しいです)

そしてこのポータルアプリから、プラン変更やデータチャージなども申し込めます。

UQモバイルのユーザーに必要な手続きの多くは、このポータルアプリから行えます。より手軽に手続きができますので、ぜひ使い方を覚えておきましょう。

そこで今回は、UQモバイルのポータルアプリとその機能について解説したいと思います。

ダウンロードして設定しよう

UQモバイルのポータルアプリは、iOS版は App Store から、Android版は Google Play からダウンロードします。

ダウンロードしたら、このようなアイコンが表示されていると思います。

UQモバイルのポータルアプリ

 

アイコンをタップしたら、my UQ mobileのIDとパスワードを入力します。

入力したら、以下のように現在のデータ通信の残量が大きく表示されます。

UQモバイルのポータルアプリ

主な機能

ここでは、ポータルアプリでできる主な機能を紹介します。

ターボ機能のON/OFF

一番頻繁に使うと思われるのは、ターボ機能のON/OFFです。

デフォルトではターボ機能がONになった高速通信ですが、常にONのままだとそれだけデータの消費は早くなってしまいます。

また前述のように、SNSや音楽配信サービスを使うのなら低速通信でも大きな問題はありません。

では、低速通信の節約モードに切り替えてみましょう。

アプリを開いたら表示されるトップページで、ターボ機能の”高速”のアイコンをタップしてください。

UQモバイルのポータルアプリ_1

 

“高速”のアイコンは”節約”になり、低速通信の節約モードに変更されました。

UQモバイルのポータルアプリ_2

 

もし高速通信の高速モードに変更したい場合は、同じように”節約”のアイコンをタップしてください。

“節約”のアイコンは”高速”になり、高速通信の高速モードに変更されました。

UQモバイルのポータルアプリ_3

 

アイコンをクリックするだけで簡単に切り替えできますので、こまめに切り替えて、データを無駄なく消費していきましょう!

データチャージの申し込み

データ通信の容量が無くなった際などは、データチャージをすることができます。

UQモバイルのデータチャージと繰越について
こんにちは、なぐもさむです。 UQモバイル はデータ通信の速さがウリの一つですが、通信し過ぎでデータ容量が足りなくなることはありませんか? 多くの格安SIM各社と同様に、UQモバイルでもデータ通信の追加チャージと翌月への繰り越し...

このデータチャージもポータルアプリ上で申し込みができます。

まずは、”データチャージ”をタップして画面を切り替えてください。

そして、追加するチャージ量をタップします。(例では500MB)

UQモバイルのポータルアプリ_4

 

内容に問題がなければ、”確定”をタップします。

これだけで購入完了ですから、データチャージサイトで申し込むよりも、スマホのアプリ上で申し込むほうが簡単にできるんじゃないでしょうか。

UQモバイルのポータルアプリ_5

my UQ mobile での手続き

ユーザーのマイページに相当するmy UQ mobileは、ポータルアプリからもアクセスできます。

つまり、料金プランの変更等を変更する手続きもスマホ上から行えるわけです。

UQモバイルの"my UQ mobile"で契約やプランを変更しよう
こんにちは、なぐもさむです。 UQモバイル のユーザーになったら、一度は使うことになると思われるのが my UQ mobile 。 いわゆるマイページに相当するもので、各種手続きをこのWebサイトから自分で行うことができ...
UQモバイルの料金プランの変更とタイミングについて
こんにちは、なぐもさむです。 UQモバイル のメリットの一つとして、料金プランを毎月変更することが可能なことがあります。 余ったデータ通信の容量を翌月に繰り越せるとはいえ、あまりに繰り越す量が多いのは、毎月の料金を無駄に...

まずはmy UQ mobileをタップして、画面を切り替えてください。

“ログイン”をタップするとログインされます。

UQモバイルのポータルアプリ_6

 

あとはパソコンのブラウザと同様の手順で手続きが行なえます。

UQモバイルのポータルアプリ_7

 

データ残量警告の通知を設定

データの消費が多くなり、残りが少なくなったらmy UQ mobileで設定しているメールアドレスに警告のメールが送られてきます。

デフォルトは残り500MBですが、ポータルアプリで残りの容量を変更できます。

まずは”設定”をタップして画面を切り替えてください。

それから”警告通知データ残量”をタップして、ご希望する残りの容量を入力すれば設定は完了です。(私は250MBに設定しています)

UQモバイルのポータルアプリ_8

 

ウィジェットを設定して、ターボ機能を使いこなそう!

高速モードと節約モードの切替とデータの残量を確認するだけなら、ウィジェットを設定すればポータルアプリすら起動しなくても実行することができます。

画面上のアイコンをタップするだけで高速モードと節約モードの切り替えが可能です!

iPhoneの場合

まずは、ホーム画面で右方向にスワイプして、これ以上スワイプしない画面まで切り替えてください。

その画面の一番下にある”編集”をタップしてください。

UQモバイルのポータルアプリ_9

 

ここでウィジェットを追加できます。

下の”ウィジェットに追加”から”UQ mobile ポータルアプリ”を探して、左の+マークをタップすると、上の項目に追加されます。

あとは右側の三本線のアイコンをドラッグして、表示する順番を調整してください。

UQモバイルのポータルアプリ_10

 

そうすると、ウィジェットが表示されます。

“ターボ機能”のアイコンをタップすれば、ここで高速モードと節約モードを切り替えることができます。

UQモバイルのポータルアプリ_11

Androidの場合

ウィジェットについては、Androidのほうが自由に配置を決めることができるので、使い勝手がいいんじゃないかと思います。

まずは、ホーム画面を長押ししてください。

そうすると画面が切り替わるので、下に表示された”ウィジェット”をタップしてください。

UQモバイルのポータルアプリ_12

 

ここで追加するウィジェットを選択します。

“UQ mobile ポータルアプリ”を見つけて、アイコンを長押しします。

UQモバイルのポータルアプリ_13

 

長押ししたままホーム画面に画面が切り替わるので、ウィジェットを配置する位置で指を離すと、そこにポータルアプリのウィジェットが表示されます。

UQモバイルのポータルアプリ_14

まとめ

以上、UQモバイルのポータルアプリとその機能について解説してきました。

格安SIMでデータ通信の料金を節約するためには、データ通信の容量は無駄に余ることはなく、かつ適正な料金プランでなければいけません。

データ通信の容量を無駄なく消費するには、高速モードと節約モードの切り替え、そして料金プランの見直しや変更が欠かせません。

そして、これらはすべてポータルアプリから行うことができます。

このように、ポータルアプリにはUQモバイルを使いこなす上では欠かせない機能が盛り込まれました。

このポータルアプリを使いこなして、更なるデータ通信の節約を目指しましょう!

>> UQモバイル

それでは、また!