UQモバイルでiPhone 7 が公式対応!APN設定不要でテザリングも可能

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

UQmobile_iPhone7_1

こんにちは、なぐもさむです。

数ある格安SIMの中でも通信速度の速さに定評があるUQモバイル。

UQモバイルでiPhoneを使いたい人も多いですが、今まではiPhone SEとiPhone 6Sが公式対応となっており、それ以降の機種ではAPNを自分で設定する必要があり、テザリングも使用できませんでした。

しかしiOS 12のリリースと共に、iPhone 7 / iPhone 7 PlusもUQモバイルの公式対応となりました!

公式対応ですから、テザリングやキャリアメールもできますし、APNを設定しなくてもSIMをiPhoneにセットするだけで通話とインターネットが使用可能です。

スポンサーリンク

UQモバイル & iPhone 7はおトクな組み合わせ

UQモバイルは顧客満足度などの各種ランキングでも1位を獲得。

au 4G LTEによる全国をカバーしたネットワークで、エリアの広さや通信速度の速さにおいても格安SIMではトップクラスです。

そして、iPhoneは言わずとしれたシェアも人気も日本でトップのスマートフォン。

iPhoneをおトクに使う組み合わせとしては、UQモバイルとiPhone 7が一番です。

iPhoneは長く使うことを前提にしている

UQmobile_iPhone7_2

ご存知の通り、iPhoneは他のスマホよりも高めの価格設定です。

その分同じiPhoneを長く使う人も多いですし、iPhoneは古い機種でも動作が重たくて困ることはほとんどありません。

その点、Androidだと2年くらいで動作が重たくなることも多いです。

iPhoneが高いといっても長く快適に使えるメリットがあるので、長い目で見てむしろおトクじゃないでしょうか。

よって、Appleはかなり古めの機種でもiOSのアップデートを保証してきました。

2018年にリリースされたiOS12においても、2013年発売のiPhone 5S以降であればアップデートして使用できるくらいです。

iPhone 7はApple Payや防水機能を搭載したスマホ

UQmobile_iPhone7_3

iPhone 7は2016年に発売された、まだ二世代前の機種。

Appleのサイトで2018年でもiPhone 7は販売中ですから、立派な現役の機種です。

またiPhone 7からは、SuicaなどのApple Payと防水機能が搭載されました。

このようにiPhone 7は、iPhone SEやiPhone 6sと比べても大きく機能が進化しており、カメラなどを除けば現行のiPhone XSと比べても大きく引けは取りません。

iPhone SEでは画面が小さいとか、iPhone 6sはApple Payや防水が無くて不満な人には、iPhone 7は一番おトクなiPhoneだと思います。

SIMを差し込むだけのカンタン設定

UQmobile_iPhone7_4

iPhone 7がUQモバイルに公式対応となったので、設定は大きく簡単になりました。

基本的には、SIMをiPhone 7に差し込むだけで通話とインターネットが使えます。

他の格安SIMでiPhoneを使う場合、多くはiPhoneに設定プロファイルをダウンロードしたりAPNを入力するなど、自分で設定しなければなりません。

設定自体は一度経験すれば難しくないと思いますが、やはりSIMを差し込んだだけで使えるほうが圧倒的にカンタンでいいですよね。

テザリングとキャリアメールも使える

UQmobile_iPhone7_5

また、UQモバイルがiPhone 7に公式対応したことにより、テザリングとキャリアメールも使えるようになりました。

外出先でノートパソコンやタブレットをインターネットに接続させたい時でも、Wi-Fiスポットがどこにでもあるとは限りません。

エリアの広さや通信速度の速さが充実しているUQモバイルなら、緊急で必要な際でも安心してテザリングでインターネットに接続できるでしょう。

そして、キャリアメールが必要な場面でも安心です。

条件

UQモバイルでiPhone 7を使用する際には、以下のような条件があります。

iOS12以降が必須

2018年9月にリリースされたiOS12が必須になります。

iOS11以前の場合は、SIMを入れてのカンタン設定で使用することができません。

古いiOSのまま使っている人もたまにいますが、セキュリティの問題もありますので、iOS12以降にアップデートをしておきましょう。

SIMフリーまたはSIMロックを解除する必要あり

iPhone 7 / iPhone 7 plusは、SIMフリーである必要があります。

言い換えると、『iPhone 7 / iPhone 7 Plusは元々SIMフリーである。もしくはSIMロックを解除済みである。』のいずれかが必須の条件です。

docomoとソフトバンクのiPhoneをSIMロック解除するのはわかるでしょうが、auのiPhoneもSIMロック解除する必要があるのに注意してください。

VoLTE用マルチSIMを選ぶこと

UQモバイルなどのau系格安SIMは、SIMの種類によって通話やネットが使えるかが変わる場合があります。

iPhone 7の場合は、必ず『VoLTE用マルチSIM』を選んでください。

申し込みページによっては『iPhone用SIM』とも書かれていますが、そこでもマルチSIMを選べば問題ありません。

まずはUQモバイルでSIMのみの契約が必要

このiPhone 7ですが、UQモバイルでは発売を開始していません。

(現在はiPhone SEとiPhone 6sのみ発売中)

よって、それまではUQモバイルをSIMのみで契約すると共に、自身でSIMフリーのiPhoneを入手する必要があります。

SIMのみでもオンラインストアで3000円キャッシュバック

UQmobile_iPhone7_6

キャリアだと端末(スマホ)と回線(SIM)の両方をセットで契約するのが通常ですが、格安SIMはスマホとSIMを別々に契約することは珍しくありません。

ただ、最近は一部の格安SIMにおいて、スマホとSIMをセットで契約することによるキャッシュバックキャンペーンも見られるようになりました。

UQモバイルはスマホとのセットだけではありません。

UQモバイルのオンラインストア限定で、SIMのみの契約でもキャッシュバックのキャンペーンが行われています。(ただし音声付きプランのみ)

iPhone 7に限らず、UQモバイルをSIMだけで契約したい人にはおトクですね。

別途iPhoneを入手する必要あり

前述のように、iPhone 7をカンタンな設定で使用するためには、SIMフリーのiPhoneが必要となりますので、ご自身で入手しなければいけません。

一番確実なのは、Apple StoreやAppleの公式サイトです。

公式ですと定価販売ですから、中古のiPhoneを買われるのもいいでしょう。

私がいつも中古のスマホを買ったり売ったりするのは イオシス

大阪の日本橋、東京の秋葉原、名古屋の大須の店舗の他、オンラインストアでも中古スマホの販売や買取を行っています。

過去に中古のスマホを購入した際も、端末の状態は問題なくおトクに使えました。

確かに中古スマホはネットオークションやフリマのほうが安いですが、保証は無いも同然なので、保証がある中古販売店で買うほうが安心できるでしょう。

イオシスでの中古スマホは、全商品3ヶ月の保証期間があります。

さらに、前の持ち主のネットワーク利用制限によりスマホが使用できなくなった場合に保証期間を問わず交換または返金をする、赤ロム永久保証があるので安心です。

iPhone 7はイオシスでも様々なカラーや容量のものが販売されてます。

『SIMフリー』もしくは『SIMロック解除済み』と書かれているかを確認して、予算に合ったiPhone 7を探してみましょう。

>> イオシスで中古のiPhone7(SIMフリー)をチェック

>> イオシスで中古のiPhone7 Plus(SIMフリー)をチェック

まとめ

以上、UQモバイルでiPhone 7が公式対応した件について解説してきました。

UQモバイルは対応端末が少なめと言われていますが、最近のiPhoneの機能を盛り込んだiPhone 7に対応したのは朗報だと思います。

iPhone 7は本体価格も以前よりおトクですし、中古も含めたら予算に合った本体もきっと見つかることでしょう。

SIMのみの契約でもキャッシュバックされるUQモバイルは、エリアの広さや通信速度の速さにおいても満足できます。

UQモバイルで、おトクにiPhoneを使ってみましょう!

それでは、また!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする