【初心者向け】そもそも格安SIMやMVNOとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

こんにちは、なぐもさむです。

最近話題の格安SIM。テレビのCMでも多く見かけるようになりましたね。私の周りでも格安SIMに乗り換える人はどんどん増えています。

まだ乗り換えてない人でも、CMなどで知って興味あるという人は多くなりました。でも実際にはよくわからない人が多いようです。

そもそも格安SIMとはどういうもので、なぜ安くなるのかについて、初心者の方にもわかるように解説してみました。

スポンサーリンク

そもそもSIMカードとは

SIM Card

まず前提として、SIMカードについて解説したいと思います。

みなさんがご利用の携帯電話やスマートフォンには、必ずSIMカードが入っているのはご存知でしょうか?ショップで新規契約や機種変更する際にSIMカードをセットしますが、それ以降はあまり目にすることもないので印象に残ってない方もいらっしゃるかもしれません。

端的に言いますと、携帯電話の電話番号やインターネット接続時の情報がこのカードに含まれています。

この画像のようにカードについてるSIMのチップを外して、携帯電話にセットして接続設定をすれば電話やインターネットが使えるわけです。

つまり、SIMカードが無いと電話の発着信もインターネットも使えないし、同じSIMカードを他の携帯電話で使うことができるわけです。(ただしSIMカードのサイズやネットワークが対応する携帯電話のみになるので注意してください!)

格安SIMとは

simcard_2

そして、そもそも格安SIMとはどういうものなのでしょうか。

テレビで様々な格安SIMのCMが放送されていますが、各事業者の親会社等のバックグラウンドは様々です。電力会社だったりインターネットのプロバイダーだったり、ベンチャー企業としてゼロから立ち上げた事業者だったり、今や数十社もの企業が参入する大きなビジネスとなりました。

これらの事業者は元々携帯電話等の通信事業者ではありませんので、通信事業者(主にドコモとauとソフトバンク)のネットワークを借りる必要があります。

つまり格安SIMとは、通信事業者のネットワークを借りることにより低コストな運用を行う会社が発行する、低価格で利用できるSIMカードのことをいいます。

MVNOとMNO

格安SIMの話になるとよく出てくるMVNOという言葉。格安SIMの事業者はよくそのように称されますが、MVNOとはなんでしょうか。

MVNOとは、“Mobile Virtual Network Operator” (仮想移動体通信事業者)の略語です。通信事業者のネットワークを借りており、自前で移動体通信の設備を持たないから「仮想」になるというわけですね。

これに反して通信事業者は、”Mobile Network Operator” = MNO(移動体通信事業者)となります。

Y!mobileは他社とは異なる例外

ここで一つ余談を。CMでもおなじみのY!mobile(ワイモバイル)は他社とは違うバックグラウンドの事業者となります。

ワイモバイルは格安でサービスを提供する以上、格安SIMの一つとして取り上げております。しかし、MVNOではありません。イーモバイルとウイルコムを合併して誕生したワイモバイルは現在すでにソフトバンクに吸収されており、ワイモバイルはソフトバンクのサービスの一つとなっています。

つまりワイモバイルは、ソフトバンクが自ら格安SIM並みの価格でサービス提供するセカンドブランドというべきポジションなのです。これがワイモバイルの大きな特徴であり、他社よりも圧倒的な通信速度を実現する要因となります。通信速度の差については他の格安SIM事業者に名指しで指摘される、まさに反則レベルですからね。。。

>> Y!mobile

なぜ安くなるのか

Question person

なぜ格安SIMは安いのか?これは多くの方がお持ちになる疑問でしょう。

一番大きな要因は、回線や設備等のネットワークを通信事業者から借りて運用していることにあります。

回線や設備等のネットワークを借りることで低コストのサービスを実現

通常、ドコモやauなどの通信事業者は自分たちで回線や設備を設置して、保守・運用も自分たちで行っています。今や携帯電話は社会的なインフラですから、日本中にある回線設備の保守・運用は年中無休24時間体制です。その上回線設備も増強するわけですから、通信事業者にはものすごくコストがかかりますよね。

もう一つは、全国各地のショップでのサポートです。特に都市部は各駅ごとにショップがありそうなレベルで出店していますから、これもやはり大きなコストとなります。(この保守運用やショップでのサポートがあるからこそ、料金がその分高くなるわけです。)

一方格安SIMは、前述のように通信事業者の回線を借りることによる低コストな運用を行っています。通信事業者にお金を払ったとしても、自分たちで回線や設備等の保守・運用をやるよりは遥かに低コストなはずです。もちろん、通信事業者側もネットワークの一部を貸すことにより収益を上げることができるわけですね。

サポートについても、基本的には公式サイトで提供する情報やコールセンターのみになります。最近は一部の格安SIMがショップをオープンしていますが、ドコモやauのショップの数に比べたら遥かに及びません。

通信事業者とエリアの差はないが、インターネットの通信速度で差が出る。

では、格安SIMと通信事業者で値段以外の違いはあるのでしょうか。格安SIMでは、ドコモやauなどの通信事業者と同じネットワークを使っているので、エリアについては差がないと宣伝しています。「安くて同じネットワークを同じように使えるなら言うことないな!」と思われるかもしれませんね。

ここで勘違いしてほしくないのですが、結論として格安SIMは決して同じようには使えません。違いがあるのは通信速度です。

確かに、エリアに関しては差がありません。例えばドコモ系の格安SIMを使用する場合、ドコモのスマートフォンでアンテナが立っているエリア内なら、格安SIMであっても接続することができます。

問題なのはその先です。ドコモのアンテナからドコモのネットワークを経由して、そこからインターネットに接続します。

皆さんも大規模イベント会場の近くなどで、圏外でないのにインターネットに接続できなかった経験はありませんか?それは、たくさんのユーザーがドコモのネットワークに接続しているので、その先のインターネットに接続しにくくなっている状態です。このような場合、ドコモのネットワークにおいて優先順位はどうなるでしょうか?

それは言うまでもなく、ドコモの回線を契約しているユーザーが最優先となります。使用する回線のスペースにも余裕がありますし、ドコモ側でも回線の制御を行っているので、時間が経てば混雑の解消は解消されていきます。

しかし、格安SIMはあくまで回線を間借りしているだけです。使用する回線のスペースも通信事業者ほど余裕はありませんし、状況に応じた回線の制御も期待できません。特にランチタイムの午後0時から午後1時頃までは、通信速度は遅くなるのが多いのが現状です。

特に多くの格安SIMはドコモの回線を使うので、時間帯や場所により通信速度が遅くなることがあります。それに対して、UQ mobileなどauの回線を使うMVNOやY!mobileが通信速度で優位なのはそういうことですね。

>> UQモバイル

まとめ

格安SIMやMVNOについて説明してみましたが、お分かりになりましたでしょうか?使い方次第ではありますが、多くのユーザーは格安SIMでも十分快適に利用できるかと思います。

ただ、安くなった分だけのメリットやデメリットがあるのが格安SIMです。そこで次の記事では、格安SIMのメリットとデメリットについて解説していきます。

それでは、また!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする