格安SIMでテザリングをできるかどうか解説してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

こんにちは、なぐもさむです。

みなさんは、スマホでテザリングを使われてますか?

モバイルルーターをお持ちでない場合、iPadなどのタブレットやノートパソコンをインターネットに接続させたいのなら、スマホでのテザリングが一番お手軽ですよね。

しかし、カフェなどのフリーWi-Fiが充実していない日本では、ちょっとインターネットに接続したい時などにテザリングの必要性は高いと思われます。

そんな便利なテザリングですが、ドコモなどの通信事業者と同様に格安SIMでも使うことができます。

ただ、格安SIMの場合は、スマホやSIMの組み合わせ次第ではテザリングが使えません。よって、ご自身で使われるスマホと格安SIMの組み合わせでテザリングができるか、事前に確認する必要があります。

では、どのような組み合わせなら問題ないのでしょうか?以下、解説してみます。

スポンサーリンク

そもそもテザリングとは?

テザリングするノマド女子1

まず、そもそもテザリングとはなんでしょうか?

テザリングとは、携帯電話の通信回線に接続したスマートフォン等の通信機器を外部モデムのように用いて、コンピュータを外部インターネットに接続することをいいます。

なんて説明だとわかりにくいですが、要するにPocket Wi-Fiなどのモバイルルーターの代わりにスマホを使って、タブレットやノートパソコンでインターネットに接続するということです。

前述のように、ドコモなどの通信事業者のスマホでもテザリングは可能です。ただし、場合によってはテザリングオプションに加入する必要があります。

格安SIMの場合はそういうオプションはありませんので、基本的にはテザリングが標準で使えます。しかし、スマホと格安SIMの組み合わせによっては、システム上の仕様でテザリングできない場合があります。

Androidの場合は?

まず、格安SIMを使ったAndroidのスマホはどうでしょうか?

本体がSIMフリーか否かによって変わってきます。

SIMフリーのAndroidスマホはだいたい大丈夫

SIMフリーのAndroidなら、テザリングはまず問題はないはずです。ドコモ系・au系・ワイモバイルといった、いずれの格安SIMでもテザリングはできるでしょう。

日本のキャリア版Androidスマホは気をつけて!

問題はドコモ・au・ソフトバンクといった大手通信事業者から発売されたスマホを使う場合です。一部のキャリア版Androidスマホで格安IM自体は使用できますが、テザリングのみ使用できません。(SIMロックを解除しても変わりません)

ただし、割と最近な2015年モデル以降はテザリングできるのが多いようです。それより古いとできない可能性が高いです。

これらのキャリア版のAndroidスマホは、海外メーカーであっても日本独自の仕様が多く盛り込まれていたりします。それなので、そのキャリア以外のSIMを使うのは保証の範囲外となり、不具合が起こる可能性があるのは否定できません。

よって、特にテザリングを使いたいという人は、できるだけSIMフリーのスマホを使われるのがベターかと思われます。

iPhoneの場合は?

では、格安SIMを使ったiPhoneのスマホはどうでしょうか?

Androidとは事情は変わってきます。

ドコモ系格安SIMなら大丈夫

ドコモ系の格安SIMはあまり問題がありません。基本的に、SIMフリーまたはドコモのSIMロックがかかったiPhoneであれば、テザリングは問題なくすることができます。

au系やワイモバイルはケース・バイ・ケース

問題はau系格安SIMとワイモバイルです。

au系格安SIMとワイモバイルでは、基本的にiPhoneではテザリングはできません。しかし、UQモバイルにおいては専用のSIMを使うことによりテザリングは可能です。(いずれもSIMロック解除は必須となります)

そしてUQモバイルは、SIMロックを解除できないau版iPhone 6/6 Plusでも、専用SIMを使えばテザリングができます。

UQ mobileがiPhone6, 6 Plusに対応。au版もSIMロック解除不要!
こんにちは、なぐもさむです。 数少ないau系格安SIMの中でも、特にインターネットの通信速度で定評がある UQモバイル 。私も使ってい...

よって、ドコモ系以外の格安SIMでiPhoneによるテザリングをしたい場合は、UQモバイル一択ということになりますね。

オススメの組み合わせ

テザリング1

AndroidとiPhoneでテザリングができるかどうかは、以上について注意する必要があります。

それでは、格安SIMを使うにあたってテザリングを重視したい人は、どのようなスマホと格安SIMを選択したらいいでしょうか?

Androidの場合

AndroidであればSIMフリースマホを中心にたくさんのスマホがありますので、ドコモ系・au系・ワイモバイルの中から豊富な選択肢があります。

ただ、やはりテザリングを使うなら、通信速度が速いほうがストレス無くインターネットを快適に使えますよね。

そうなると、やはり一番のオススメは ワイモバイル でしょう。ドコモ系格安SIMのようにドコモの回線の一部を借りるのではなく、ワイモバイルはソフトバンクの回線をほぼそのまま使います。よって、すべての格安SIMの中でも通信速度の速さはダントツです。

ただし、ソフトバンクのエリアは都市部以外は弱くなってしまいます。そこで、au回線を使う UQモバイル も同じようにオススメできます。

auについてはエリアも充実しており、UQモバイルの通信速度についてもワイモバイルと同等かそれに次ぐ速さになります。都市部以外での行動が多い人は、UQモバイルがベターでしょう。

ただし、au回線を使えるスマホはまだ数が少ないのが現状です。UQモバイルを使われるのなら、SIMカードと端末をセットで購入されるのがベターかと思います。

>> ワイモバイル

>> UQモバイル

iPhoneの場合

iPhoneであれば、ドコモ系の格安SIMが選びやすいでしょう。SIMフリーiPhoneはもちろんのこと、ドコモのSIMロックがかかっていてもテザリングを使うことができます。

そうなると、今のドコモ系で一番通信速度が速いのは、 LINEモバイル になります。

LINEモバイルは格安SIMに参入したのは後発組になりますが、その分ユーザーが多すぎないので通信速度はかなり速いです。

そして、LINEのアカウントと連携してID検索が可能になるのは、他の格安SIMにはない大きなメリットです。料金プランがシンプルでわかりやすく、LINE, Twitter, FacebookとInstagramが使い放題なのも、これらのSNSをヘビーに使う人にはありがたいですね。

SIMフリーiPhoneでかつドコモ系以外なら、 UQモバイル が一番でしょう。

前述のように、充実したエリアと通信速度の速さはトップクラスです。また、auのSIMロックがかかったiPhone6/6 Plusでテザリングができるのは、UQモバイルだけです。

>> LINEモバイル

>> UQモバイル

まとめ

以上、格安SIMでテザリングができるかどうかについて解説してきました。

もちろん、これは大まかな総論の話ですので、格安SIM各社やスマホのOSのバージョンによっても変わってきます。

特に格安SIMとセットでスマホを買うのではない場合は、格安SIM各社のWebサイトにある動作確認端末について必ず確認してくださいね。そこにはテザリングができるか否かについても情報が掲載されています。

また、テザリングにすべきかWiMAXにすべきか迷われている人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

格安SIMでテザリングをするべきか、WiMAXを使うべきかを比較してみた。
こんにちは、なぐもさむです。 以前の記事で解説しましたように、格安SIMでもテザリングをすることはできます。 ただ、格安...

それでは、また!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする