格安SIMでテザリングをするべきか、WiMAXを使うべきかを比較してみた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

こんにちは、なぐもさむです。

以前の記事で解説しましたように、格安SIMでもテザリングをすることはできます。

格安SIMでテザリングをできるかどうか解説してみた
こんにちは、なぐもさむです。 みなさんは、スマホでテザリングを使われてますか? モバイルルーターをお持ちでない場合、iPadなど...

ただ、格安SIMでテザリングやモバイルルーターを使用する以外だと、WiMAXで同じようにWi-Fiに接続するというもう一つの手段があります。

自宅の光回線に匹敵する高速インターネットを外でも使えるWiMAXは、時にインターネットの速度にこだわりたい人には魅力的だと思われます。

しかし、わざわざWiMAXまで追加して契約する必要があるのか、それともスマホのテザリングだけで十分なのか、色々と迷ってしまうかもしれません。

そこで、テザリングを使うべき人とWiMAXを使うべき人とを比較することにより、解説してみることにしました。

スポンサーリンク

テザリングを使うべき人

テザリングするノマド女子2

まず、テザリングを使うべき人はどのような人でしょうか?

頻繁ではなく、たまにテザリングを使えば十分な人

基本的に、外でWi-Fiへ頻繁につなぐヘビーユーザーでもなければ、テザリングを使うべきです。

接続が頻繁でない使い方とは、例えば外でちょっとパソコンのメールをチェックするなど、月に数回くらいの頻度で一時的にWi-Fiに接続するような使い方と考えられます。

格安SIMで短期間に大容量のデータ通信をすると、WiMAXより早く速度制限がかかる可能性が高いです。また、テザリングはスマホのバッテリーを著しく消耗させます。

よって、長い時間テザリングをしない使い方をする人こそ、テザリングを選ぶべきでしょう。

まずは試しに使ってみたい人

WiMAXの場合は、契約期間に最低でも1年の縛りがあります。最近は、2年縛りの契約期間が広く取り入れられるようになりました。

しかし、特にデータ専用の格安SIMは契約期間の縛りがありません。

例えば、メインの回線でテザリングするとデータ容量をたくさん使いそうで心配な場合は、とりあえずデータ専用格安SIMをお試しで契約してもいいんじゃないでしょうか?

もちろん、好きなタイミングで解約することが可能です。

そして、データ専用の格安SIMは月1,000円前後から使えます。WiMAXは月4,000円前後となるのと比べて、はるかに低コストで始められますね。

オススメの格安SIM

テザリング2

では、テザリングにオススメの格安SIMはありますでしょうか。

元々回線速度が速めであり、速度制限が厳しくなく、かつデータ専用SIMにしても契約期間の縛りがないものから選んでみました。

まずは、回線速度の速さではトップクラスのUQモバイル。au系格安SIMだけでなく、格安SIM全体でもトップクラスの回線速度を誇ります。UQモバイルはKDDIグループであるUQコミュニケーションズが運営しているため、今後も回線やサービスの品質は高いレベルが期待できるでしょう。

そんなUQモバイルも、データ専用SIMでは縛りがありません。iPhoneなど対応するスマホをお持ちなら、回線速度の速さを一度試してほしいですね。

>> UQモバイル

docomo系格安SIMで今回線速度に定評があるといったら、LINEモバイルでしょう。

twitterやFacebookなど特定SNSのデータ通信量を加算しないカウントフリーがあるので、テザリングをちょくちょく使えるくらいは毎月の通信の容量にも余裕が出てくる人も多いと思われます。

また、LINEの友達でLINEモバイルのユーザーがいたら、自分の余ったデータ通信量をユーザー同士でプレゼントすることもできます。

また、LINEモバイルはLINEが運営する格安SIMですから、LINEのID検索が可能な貴重な格安SIMです。

このように、LINEモバイルは他の格安SIMにはないユニークな特徴があります。メイン回線の他にサブとしてデータ専用SIMを契約するには最適な候補じゃないでしょうか。

>> LINEモバイル

テザリングよりWiMAXを使うべき人

そして、WiMAXを使うべきなのはどのような人なのでしょうか?

普段から外でインターネットに接続するため頻繁に使いたい人

前述のように、テザリングはスマホのバッテリー消耗が激しいし、速度制限は厳しいという難点があります。

現在主に使われるのはWiMAX2+になりますが、元々から定額プランの速度制限は緩めです。以前は直近3日で3GBの使用で、翌日(終日)に制限(5Mbps)がかかりました。

しかし最近その速度制限がさらに緩和されて、直近3日で10GB使うと、翌日夜間(18時〜翌2時)に速度制限(1Mbps)がかかるように変わりました。終日の速度制限ではありませんが、速度が以前より遅くなったのは気になるところです。

ただ、10GBの目安は、YouTubeのHD画質で約13時間の再生です。1日中YouTubeをHD画質でBGM代わりにする人でもない限り、3日で10GBはなかなか届かないんじゃないでしょうか。

家の外で頻繁にインターネットを使う場合なら、やはりWiMAXが一番いい選択肢でしょうね。

家の固定回線の代わりにしたい人

家のルーター

最近は自宅の高速インターネット回線を固定の光回線ではなく、WiMAXを使われている人が私の周りでも増えています。

なにしろ、動画やオンラインゲームをヘビーに使う人でもなければ、WiMAXでも十分快適に高速なインターネットを利用できるんですよね。

また光回線の場合は、回線を室内に引き込むための工事費用が発生する場合があります。WiMAXはルーターで電波を受信することによるわけですから、ルーターさえ入手すれば工事費用は一切かかりません。

転勤が多かったり賃貸物件に住まれてる人だと、引っ越すたびに光回線を工事したり、契約の変更が必要になる可能性もあります。その点で、ルーターを持ち運べるWiMAXを使うメリットがありますよね。

WiMAXのエリアは事前に要確認

ただし、WiMAXの電波は携帯電話より弱い仕様であるのは否めません。

そこで、 UQ WiMAXが提供するTry WiMAXレンタルでWiMAXを事前に試すのをオススメします。

これでご自宅や行動範囲内でのエリアや電波の強さを確認した上で、WiMAXを契約すればいいかと思います。

一切費用はかからずにWiMAXのルーターをレンタルできるのですから、一度試して損はないですね。

もちろんUQ WiMAXへの契約は必須ではありませんし、試した結果で他社のWiMAXを契約してもまったく問題ありません。

オススメのWiMAX

BIGLOBE WiMAX2+

WiMAXは多くのプロバイダーから提供されていますが、それではどこのWiMAXがオススメでしょうか?

WiMAX自体はUQ WiMAXが提供する本家にあたりますが、回線速度や品質はほとんど差がなく各プロバイダーへ提供されています。また、月額料金も各社でそれほど差はありません。

とすると、回線そのものや料金でプロバイダーの差は大きくつきません。よってプロバイダーを選ぶ基準は、キャッシュバックやサポート体制になります。

となると、キャッシュバックも難しくなく、サポート体制も充実している BIGLOBE WiMAX 2+ がベストだと思います。

確かに、BIGLOBEより高額なキャッシュバックを提供するプロバイダーは数社ありますし、月額料金も平均的な価格です。

しかし、高額なキャッシュバックを提供するプロバイダーは、手続きの煩雑さでキャッシュバックされなかったという話をよく聞きます。(キャッシュバックは11ヶ月継続した後にメールで案内されるのみで、メールを見逃して受け取れなかったなど。)

BIGLOBEの場合は、キャッシュバックの手続きは複雑ではありません。

まずは、新規申し込み直後にアンケートについて郵送で案内されますので、案内に従いアンケートを期限内に回答する必要があります。その後12ヶ月継続利用すると振替払出証書が郵送されるので、あとはそれを郵便局で換金すれば終了です。

新規申し込み直後のアンケートなら、見逃す可能性は少ないですよね。

また、BIGLOBEはパソコン通信のPC-VANの時代から続く長年の歴史があるプロバイダーです。サポートは年中無休で受け付けて、かつ繋がりやすいなど、充実したサポート体制には定評があります。

その他にも、ルーターは最新機種も含めて実質無料で提供されます。また、キャッシュバックではなく月額料金の値引きを選択することもできます。

キャッシュバックや信頼性もあり、総合的に考慮するとBIGLOBEが一番のオススメですね!初めてWiMAXを使われる人も安心できると思います。

なお、公式サイトからの申し込みですと、キャッシュバックは減額されます。ぜひ以下↓のリンク先から申し込んでみてください。最大20,000円のキャッシュバック、または月額料金値引きの特典が受けられますよ!

>> BIGLOBE WiMAX 2+ ★最大20,000円キャッシュバック★

まとめ

以上、テザリングを使うべきか、それともWiMAXを使うべきかについて解説してきました。

テザリングもWiMAXも、ご自身の利用状況にあった選択をすれば、すごくコスパ抜群で有用な手段になると思いますよ。

この記事が選択をする際の参考になれば幸いです。

それでは、また!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする