海外版のSIMフリースマホは日本でも使用できるのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

こんにちは、なぐもさむです。

格安スマホを購入しようとオンラインショップ等を探していると、「海外版」「グローバル版」「並行輸入品」と書かれたスマホを見かけませんか?

基本的にこれらのスマホは、すべて海外で販売されているスマートフォンを日本に輸入しているものになります。

これらの海外版スマホは、メーカーも日本とは違うラインナップで展開しているのが多いです。iPhoneに関してはほぼ世界共通のモデルで展開していますが、Androidは違います。例えば、日本でおなじみのSONYのXperiaも、下記サイトでは日本にはないモデルや本体カラーが見られますね。

周りの人とちょっと違う端末を持ちたい人は、こういう海外版端末に興味を持たれるでしょう。また、海外版のほうが値段が安いこともあります。

しかし海外版のスマホは、あくまで日本以外の海外で使う目的で販売されています。それだけでなく、海外版のスマホを日本国内で使用するのは、違法にもなりかねません。海外版スマホを日本で使う際の問題は二点あります。そのキーワードは、技適マークサポートです!

スポンサーリンク

あなたのスマホに技適マークついてますか?

技適マークってたまに聞きますが、どういうマークなんでしょう?

 技適マーク(ぎてきまーく)とは、技術基準適合証明技術基準適合認定のいずれかあるいは両者の認証がなされていることを表示するマークで、総務省令に定められたものである。

うーん、よくわかりませんね。(汗)

もう少し簡単に以下説明します!

技適マークがないと電波法違反?

技適マーク

技適マークとは、こちらのマークになります。

要するに、日本国内で使用する無線機器は原則として技適マークが必要であり、技適マークが無いのは電波法違反のおそれがある、ということです。

スマホやタブレットはもちろんのこと、自宅のインターネットで使う無線LANルーターやニンテンドー3DSなどのゲーム機、Bluetoothを使ったヘッドホンなど、ワイヤレスで通信を行う機器は技適マークが求められます。

といっても、この技適マークを実際に目にすることは少ないでしょう。マークがある場所も、端末のパッケージやバッテリーを外した裏側、他には設定メニューでの表示など、目立たない場所にあります。

例えばiPhoneの場合は、”設定”>”一般”>”情報”>”法律に基づく情報”>”認証”の順番に開くと、ディスプレイ上に表示されます。

iPhoneの技適マーク

日本で正規のルートで購入したスマホは、間違いなく技適マークはあるはずです。しかし、日本以外の海外で購入したスマホは技適マークがあるとは限りません。iPhoneは海外版でも技適マークを持っているのがほとんどですが、Androidだと技適マークを持たないのは少なくありません。

外国人観光客は日本で自分のスマホを使っている現状

ただ、この電波法の規制は、グローバル化した現代社会においてそぐわなくなりつつあるのが現状です。

ご存知のように、今は多くの外国人観光客が来日しています。外国人観光客向けのデータ通信専用SIMカードも多く売られるようになりました。

このようなデータ通信専用SIMカードを自分のスマホにセットして、自分の国にいる時と同様にネットを使う観光客が多くなりました。本来でしたら技適マークが求められるはずなのですが、90日間だけは日本のSIMカードと海外で購入したスマホで通信するのが認められるよう法改正されたばかりです。

5月21日から、「電気通信事業法等の一部を改正する法律」が施行される。その中には、海外から持ち込まれるスマートフォンなどの利用に関する電波法の一部改正が含まれており、施行以降、海外端末の取り扱いが大きく変わることになる。

ただ、技適マークが求められるとしても、90日以内かどうか確認して規制するのは困難なのが現状です。確かに、無秩序な電波は通信や社会秩序そのものを害する恐れはありますが、法律のほうももっと時代に即してほしいところですね。

海外版は日本国内でサポートを受けられないのが基本

海外版スマホにあるもうひとつの問題として、サポートの問題があります。

Apple製品は基本的に全世界保証のため、海外で買ったiPhoneでも日本のサポート窓口でサポートを受けることが可能です。

Androidはどうでしょう。最近は、HUAWEI(ファーウェイ)やASUS(エイスース)などの海外メーカーも日本にサポート受付を設けて、日本ユーザー向けのサポートに力を入れるようになりました。しかし、日本のサポート窓口で受け入れるのは、原則として日本で発売されているモデルのみになります。

そうなると、メーカーの公式サポートを受けるのが非常に困難になるのが現状です。スマホを一台しか持ってなかったり、メイン機が故障した場合には、サポートを受けるのが困難なのはご自身にとって大きな問題になるでしょう。

まとめ

以上のように、海外版SIMフリースマホを日本で使用する際の問題点を紹介してきました。

日本未発売モデルや価格面の魅力がありますが、前述の問題点も残っています。個人的には、日本国内でメインに使う普通のユーザーなら、日本国内でサポートを受けられる日本版のスマホを購入するのがベターだと思います。

もちろんご自身がよく行く国がある場合は、現地向けに海外版スマホを買うのはアリですね。中国のように周波数が特殊な国だと、中国版のスマホを持つメリットは大きいです。

海外版スマホをもし使われる場合は、問題点をすべて認識した上での自己責任ということを念頭に入れてください!

それでは、また!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする