【初心者向け】中古スマホ購入の際は赤ロムに要注意!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

こんにちは、なぐもさむです。

格安SIM用にスマホを安く買いたいのなら、当然中古スマホは選択肢の一つだと思います。docomoのスマホかauのスマホを買えば、docomo系かau系の格安SIMをそのまま使えるからありがたいですよね。

最近は中古スマホを買取・販売するお店が増えてきてました。また、ヤフオクみたいなネットオークションやメルカリみたいなフリマでも、スマホはたくさん出品されています。

しかし、中古スマホは新品のスマホを購入するよりトラブルの話を聞くのが多いのも事実です。中古品である以上、多少の傷や汚れは受け入れざるをえません。しかし、スマホの電源が入るにも関わらず、電話の発着信やデータ通信などがまったく使えないというトラブルもあります。

こういうスマホは、おそらく俗に赤ロムと呼ばれる状態だと思われます。赤ロムのスマホは絶対に避けるべきですが、赤ロムとはどういうモノなのでしょうか?

スポンサーリンク

まず白ロムとは?

白ロムと赤ロム

まずは、赤ロムの逆である白ロムについて解説します。

かつてのガラケーは、ケータイ本体の中にあるロムと呼ばれるメモリ領域に電話番号や契約者情報などのデータが書き込まれていました。

これらのデータが書き込まれたケータイを俗に黒ロムまだデータが書き込まれてないまっさらなケータイを白ロムといいます。

一方、現在のスマホはロムがなくなり、電話番号等の情報はSIMカードに書き込まれています。SIMカードを差し込んでない、まっさらなスマホのことも白ロムといいます。

ロムが無いのに白ロムというのはちょっと変ですけど、かつての概念の名残なんですね。

絶対に買ってはいけない赤ロム

そして、赤ロムとはどういうことでしょうか?

赤ロムとは?

スマホの場合、特にドコモやau,Softbankでは分割払いでの販売が基本です。これらのスマホを売却する場合、残りの分割払いは完済しているかどうかは求められないのが多いです。売却した後でも、ちゃんと残りを完済してくれれば問題ないわけですからね。

しかし、中には残りの支払いを滞らせたり踏み倒すような人もいます。ひどいと、盗品を売却したり、紛失補償を悪用して新しいスマホを入手後、紛失したはずのスマホを売却するような人もいます。

このような情報は各社でも管理していますので、問題があるスマホを対象に発着信やデータ通信の規制をかけることにより、そのスマホは使えなくなります。そのようなロックがかかったスマホのことを赤ロムといいます。

後から赤ロムに変わる可能性もある

この赤ロムですが、買ったときに白ロムだったとしても油断できません。

前述のように、分割払いの支払いをしている限りは白ロムとして売却できます。しかし、売却時にはちゃんと支払いを継続していても、後から支払いを滞らせたりしたら、新たに赤ロムの対象になるということです。

さすがに最近は赤ロムのスマホを売る悪徳な店は聞かないですが、後から赤ロムになりうるのはお店側でコントロールできないことですからね。これが中古スマホの面倒なところです。

赤ロム保証サービスがあるお店で購入するのがベター

赤ロムを返品したい

以上から考えて、中古スマホを購入する際は、運が悪いと赤ロムに当たるのは避けられない、と言えるのは間違いないでしょう。

とすると、ネットオークションやフリマで中古スマホを買うのは、いくら安くてもリスクは高いかなと思われます。(SIMフリースマホならアリでしょう)

となると、やはり中古スマホを扱う専門店で買うのが一番でしょう。その際は、本体の保証はもちろんのことですが、赤ロムに関しては返金・返品を永久保証してくれるスマホ専門店を選ぶのがベターです。

まとめ

以上、中古スマホ購入時に気をつけていただきたい、赤ロムについて解説してきました。

格安SIMをもっとも手軽に試すには、ドコモかauの中古スマホが一番です。ただ安いなりのリスクもありますので、保証がしっかりしているお店で購入してくださいね。

それでは、また!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする